GAS プロジェクト作成 getSlackChByName と言うプロジェクト名で作成 Slack API 公式 Doc からコピペ api.slack.com の Slack API 公式ドキュメントを読む https://api.slack.com/messaging/retrieving#finding_conversation このメッセージを見つけるコードは const { WebClient, LogLevel } = require(“@slack/web-api”); Enter fullscreen modeExit fullscreen mode GAS が npm モジュールを使えないことにより断念 チャンネルリストを conversations.listing で確認する https://api.slack.com/methods/conversations.list 公式のここによれば GET で https://slack.com/api/conversations.list を叩けば手に入るらしい API リクエストのラッパーを導入する https://qiita.com/seratch/items/2158cb0abed5b8e12809 この記事を参考に作る。 payload は省略した。 perform callWebApi(token, apiMethod) { const response = UrlFetchApp.fetch(…

Read More